住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

吹き付け塗装のデメリット

住宅の場合では劣化してしまうことで、外壁塗装を行うような場面が出てきます。

塗料によって耐用年数などが予め提示されていることもあり、古くなってしまった状態では住宅に傷みが生じることになります。

ですので、できるだけ早めに外壁塗装を施工することがおすすめでしょう。

実際に外壁塗装を行う方法では、吹き付け塗装という方法で施工する場面も見られます。

吹き付け塗装はスプレーガンなどを用いて一気に塗り広げることができますが、デメリットというものも発生することになります。

代表的な内容では、養生が不可欠な方法になり、手塗りの方法と比較した場合では広めに養生を行う必要が出てきます。

また、実際に付着する量が少ないこともデメリットとして挙げることができます。

この内容ではスプレーガンを用いた際には周囲に飛散してしまう塗料が多く発生してしまうことになり、経済的とは言えない部分があります。

外壁の状態によっては凹凸などが深く刻まれている場合も見られ、凹凸が多いと難しい作業になることもあります。

一般的には、凹んでいる部分が深い場合では十分に塗料が行き渡らない場合も見られ、一定のテクニックを必要としています。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top