住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

再塗装の目安

リフォームの1つとして、住宅を長持ちさせるための外壁の再塗装も重要です。
上手に仕上げられた外壁でも、長年の経時変化によって劣化は避けられず、再塗装の必要が生じるのです。

再塗装の目安としては、新築後15年程度とされていますが、この再塗装時期を見極める具体的な方法として、以下の様なチェックポイントが挙げられます。

まず第1に外壁に細かいクラックが入っていないかと言う点です。
クラックの口が薄い紙が1枚入る程度開いていると、そこから雨水が浸透し、住宅の柱などの躯体を腐食させる恐れがあります。
この意味から、クラックに注意するというのが1つのポイントです。

次に外壁の壁面を指でなぞると白い粉が着く事が無いかと言うポイントです。
この現象はチョーキングと言われ、こうした状態になっていると外壁の表面が劣化して水をはじく能力が著しく低下しているのです。
チョーキングを発見したら、その時が1つの再塗装の目安と言えます。

最後に、外壁表面のカビや苔にも注意してください。
これも外壁が劣化している証左です。
以上3項目をチェックポイントとし、再塗装時期を外さぬように、信頼できる業者さんに依頼をされる事がお勧めです。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top