住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

介護住宅改修リフォーム助成金について

日本は近年高齢者人口が急激に増加しており、超高齢者社会と言われています。
それに伴い当然の事ながら介護を必要とする方も増えてきます。
もちろん介護施設などを利用するのも一つの手ですが、介護にあたるご家族のご都合にもよるとはいえ、やはりできるだけ慣れ親しんだ自宅で生活したいと考える方も多いでしょう。

しかし、日本の住宅は比較的段差が多く、お年寄りにとって生活しにくい箇所がある場合があります。
そういった方のために、介護保険が介護向けのリフォームを支援するというシステムがあります。

そのシステムは「高齢者住宅改修費用助成制度」と呼ばれるものです。
この制度は要介護者や要支援者が住宅のバリアフリー化のためのリフォームを実施する際に、介護保険から20万円を上限として費用の9割を支給するという制度です。

市町村の介護保険課に申請する事で、受け取る事ができます。
具体的な介護しやすい住宅へのリフォームの作業としては、手すりの取り付け、段差の解消、滑り防止のための工事、洋式トイレへの付け替えなどがこれに当たります。
この制度を積極的に利用し、介護しやすい家にリフォームしてしまいしょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top