住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

下地処理をする理由って?

住宅を外壁塗装するときには、必ずと言っていいほど下地処理をします。

外壁塗装をする手順は、まず外壁を高圧洗浄機できれいにしてから足場の設置を行います。

養生をして塗るところと塗ってはいけないところを分けます。

その後下地処理をして3度塗りを行い、最後に総点検して足場を外すときれいな外観の住宅が現われます。

ではそもそもなぜ下地処理をしなければならないのでしょうか。

下地処理をするにはそれなりの理由があります。

まず、下地処理がうまくできていないと上塗り剤をどんどん吸収してしまいます。

その結果塗料の量を増やしてしまうことになり、下地処理をしない方が塗料代がかかってしまいます。

また、下地処理がうまくできていないと、上塗りにも悪い影響を与えます。

このような理由により下地処理が必要になるのです。

外壁塗装の料金は下地処理を含んで、およそ70万円から120万円ぐらいで出来るようになっています。

下地処理も含んだ価格ですが、決して格安ではないのです。

下地処理を抜かして塗装をすると、余計にお金がかかってしまうので注意をしましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top