住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

ローラー塗装と刷毛塗り塗装の違い

外壁塗装工事を行うとき、外壁に塗料を塗る方法として、刷毛を使った刷毛塗りと筒状のローラーを使ったローラー塗装、そして塗料を霧状に噴射して塗りつけるスプレー塗りがあります。

外壁塗装で一番古くから使用されていたのが刷毛です。
刷毛は職人の技術によって仕上がりに差が出るのですが、塗る物の形状を限定されないので複雑な構造の外壁にも対応でき、仕上がりが綺麗だという魅力があります。

ただ、手塗りになりますから、他の塗装方法よりも作業時間が長くかかるという特徴があります。
一方で、ローラー塗装は刷毛塗りよりも早く濡れるのが大きな魅力です。
ローラー塗装に使用するローラーには、長毛タイプから短毛タイプまで様々な種類があるので、外壁の状態や形状によってローラーを変えることで、綺麗な仕上がりを得ることができます。

刷毛塗装と比べても同じ面積を倍くらいの早さで作業することができますし、ローラー塗装はローラーに塗料を含ませて塗るので気泡がでずに仕上がりが綺麗になります。
その他に、ローラー塗装は周囲へ塗料が飛びにくいという魅力があります。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top