住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

ベランダ塗装の工法の種類とは

住宅の場合ではベランダが設置されていることが多く、一般的な戸建て住宅の他にもアパートやマンションでも採用されることの多い場所になります。

ベランダは屋根が付いているものの、屋外に設置されている場所になることから、雨降りの日には床面が濡れてしまうことがあります。

そのため、施工する際にはベランダ塗装を行っていることが一般的になり、木材でスノコ状に仕上がっているタイプもありますが、それ以外ではしっかりとした技術で施工されています。


ベランダ塗装には数々の工法が用意されていて、FRP防水工法などがあります。

FRPのガラス繊維のシートを用いて、下塗りから防水用ポリエステル樹脂を塗り、間にガラス繊維を挟み込むことで耐久性を向上させる工法です。


次にウレタン防水塗装工法というものもあります。

このタイプは塗料のみで施工する方法になり、下塗り材からウレタン塗料を塗り重ねてトップコートで仕上げる方法になります。


最後にシート防水塗装工法というものも挙げられます。
防止シートを用いて施工するタイプになり、比較的低価格にて施工可能な方法です。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top