住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

バインダーとは?

建築塗装の中には、耳にあまりしない用語も含まれています。

バインダーといっても、書類を挟んだりするものではありません。

外壁塗装を行う際の工程は、下塗り・中塗り・上塗りと行っていくことが基本とされています。

その際に使用する下塗り塗料には、シーラー・フィラー・プライマー・バインダーと大きく分けて4種類のものがあります。

シーラーは素地に吸い込ませる形で中塗り・上塗り塗料の密着性を高めるために利用されますが、バインダーは吸い込みが少ない素地の場合に密着性を持たせる時に使用します。

タイル外壁などのほとんど吸い込みのない素地に使用され、主に新築工事の際に利用されることが多いです。

外壁の表面の仕上がりについて、さまざまな種類がありますが、リシン壁の場合の下塗りとしてバインダーは使用されています。

モルタルの上にバインダーを塗ってからセメントや、合成樹脂を粉々にした砂を吹き付け専用のリシンガンに入れて壁に吹き付けを行います。

砂壁のような美しい外壁になり、耐久性のコストパフォーマンスが良いので安価にしたい方にもおすすめです。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top