住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

チョーキング現象はなぜ起こるのか

チョーキング現象とは、外壁を直に触ってみるとチョークのような白い粉が付着する現象のことで、外壁の劣化によるものだとされています。
外壁は紫外線や大気中の汚染物質など外部環境によるダメージを直接受けてしまう部分なので、塗料の中に含まれる顔料が劣化をすることでむき出しになり、チョーキング現象が起こります。

チョーキング現象が起こってしまうと塗膜が剥がれてしまうので、撥水性がなくなってしまい、汚れや雨水が付着しやすく状態になってしまいます。
汚れが付着した部分から劣化が進んでしまうので、チョーキング現象が起きて放置しておいたら、ひび割れなどさらにひどい劣化が進んでしまうことになります。

劣化を放置しておくと加速度をついて劣化が進み、家の耐久性や強度まで損ねてしまうことになるので、チョーキング現象を見つけたら塗装の目安でもあります。

チョーキング現象は外壁の劣化の初期症状ですが、早めに対処をしておくことで大がかりな補修が必要ではなくなるので補修費用を安く抑えることができますし、常に美観を保つことができます。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top