住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

セラミック塗料には種類がある?

塗料にセラミック成分を混ぜたものは、塗膜表面をセラミック成分でカバーすることができます。

セラミックの耐久性や耐熱性、耐候性、対汚性といった長所が引き出されます。

この種類は乾燥させる時にセラミックが塗料の表面にしっかりと配置されていないと、塗料の中でセラミックを固めることになります。

ですので、使用する業者はメーカーが指示する施工方法を守る必要があります。

塗料に機能を持たせるタイプは、セラミックの硬度の高さを利用して外壁の硬度を上げることで汚れを付着させにくいなどの性質をもたせます。

混ぜると断熱効果を発揮する、特殊なセラミックを使うこともあります。

これをガイナ塗料とも言いますが、どの業者でもできるわけではなく、販売メーカーが実施する研修を受けていることが条件です。

外壁に意匠性を持たせるタイプは、天然石や砂岩のように外壁を見せるために、骨材としてセラミックを用います。

カラーセラミックスを仕上げ材に使えば、色のバリエーションや奥行、立体感を外壁に表現することができます。

この種類のものは神社にも使われています。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top