住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

スレート屋根材とは

日本の住宅と言えば昔は瓦屋根が多かったですが、近年ではスレート屋根が増えてきています。

スレート屋根材とは、粘土板岩を使用した建築材料全般のことを指し、これを使用した薄い板状の屋根をスレート屋根と呼ぶのです。

軽くて安いなどたくさんのメリットがあるスレート屋根ですが、当然デメリットもあります。


・メリット:瓦より安い、軽い、デザイン豊富
施工がしやすいので、様々な形の屋根に対応することが可能なのに加え、軽くて品質が均一なので運搬コストや施工コストが低く、瓦よりも安価に設置することが可能です。

カラーバリエーションも豊富なので、デザイン性に富んだ住宅を実現することができます。


・デメリット:瓦よりは耐久性が劣る
定期的な塗装などのメンテナンスが必要であり、それらをきちんと行っていても耐久性の面では瓦に劣ってしまいます。

薄くて軽い分、当然強度も瓦よりは劣ります。

(しかし、耐震性という面から見れば、軽い方が揺れには強くなります。)

以上のようなメリット・デメリットをしっかりと踏まえた上で、あなたの家に最適な屋根を選びましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top