住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

シーリング材とコーキング材について

シーリング材を用いる目的は、
サイディングと呼ばれる
外壁のパネルと壁等の隙間を埋める作業時に、
目地の部分にきちんと密着する様に、
収縮や膨張が起きても対応できるように行う作業のことです。

または、コーキング材とも言われる場合もあるので、
シーリングとコーキングは同様となりますね。

シーリング材は外壁と同じ様に経年で劣化します。

び割れや、やせる、縮む、退色などが起きる症状です。
約10年ほどでこのような劣化の現象が発生します。

劣化するとサイディングのパネルなどが浮き上がり、
裏側へ雨水が浸入します。

雨水が入り込むと、
お家の大敵となる、雨漏りなどを引き起こす
原因に繋がる可能性もあるで注意が必要です。

また、シーリングをきちんと行っていないと、
シロアリの発生する原因となります。

シロアリは、お家の木をひとつ残らず
全て食い尽くすとさえも言われていて、
木造の建築や住宅でなくても非常に危険です。

最後に、建物そのものが腐食してしまう原因となります。

建物に水が入ったり、シロアリに食べられたりするので、
耐震強度が下がってしまうなどの要因になります。

一見すると、必要性を感じなかったり、
その存在すら知らないことも多い部位です。

しかし、外壁と同じ様に10年前後で
劣化が始まってくる部位なので、
外壁と同時期に打ち替えすることが望ましいです。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top