住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

シーリングの劣化でどうなるの?

サッシ窓のガラスとサッシなどを固定する時に
利用するシーリングですが、家の築年数が減るごとに
紫外線や温度変化、雨や地震による負荷などの影響を受けて、
劣化して、ひび割れや剥離などが生じるようになります。

シーリングは建物の水密性・気密性を保つために
防水材としての大切な役割があるため、
雨や風などシーリングが劣化すると、室内に侵入することがあります。

また、経年劣化によって薬剤が流れ出たり、
雨だれなどが起こったりすることによって、
外壁等に汚れが付着しやすくなり、
せっかくの建物の美観を損ねてしまう恐れもあります。


シーリング材の耐用年数は5年から10年ほどと
比較的短いと言われているのですが、症状が出るまで
劣化していても、なかなか気づきにくい箇所でもあります。

シーリングの劣化は、そのまま放置しておくと
建物自体の劣化につながる可能性もあります。

窓や外壁だけでなく、屋根などにも利用されているので
定期的に検査を行うことが大切です。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top