住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

シーラーとは?

塗装工事を行う際に、さまざまな工具を用いて行われていることをご存知でしょうか。

刷毛や塗料の他に、シーラーと呼ばれるものは必須です。

外壁塗装は一度外壁を塗ったらおしまいではなく、3度塗りを行うことが基本とされています。

一番初めに、元々の外壁塗装と新しい塗料とがしっかりとくっつくように表面をきれいにする必要があります。

仕上げにも影響が出て来て、角度によってはデコボコが目立ってしまうこともあります。

一般的にシーラーは、塗装を行う面の塗料の吸い込みを抑えて、吸い込みを均一化して塗装ムラを防止する役割があります。

接着剤のような働きをして、塗装を行う面と塗り重ねる仕上げ塗料の中塗り塗料と上塗り塗料との密着性を高めます。

浸透性の薄膜タイプのシーラーは、密着力が高い下塗り材となるものもあります。

塗装を行う面がヤニなどを含んでいると、ヤニの滲み出しが心配されます。

しかし、厚膜タイプのシーラーを利用することで抑えることが出来るものもあります。

シーラーによってもさまざまな種類があるので、その場所に合ったものを選んで使用するようにしましょう。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top