住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

サイディングの種類とは

「サイディング」というものがあります。

昔の日本では杉板が張られた住宅をよく見かけましたが、これもサイディングです。

このサイディングは羽目板や下見張りなど外壁に貼る板材の総称で、その中に種類があります。


窯業系サイディングという種類は、 セメント質材料、繊維質材料、混和剤、水で作られたものです。

単にサイディングと言えば窯業系サイディングのことです。

セメント以外の材料を混ぜることで、耐火性が高まり、さらに軽量化します。

窯業については、粘土、ケイ砂などからセメントなどの非金属原料を高熱で処理して作成する物を製造する工業で、窯を使用するためです。

合成樹脂系サイディングという種類は、30年間も塗り替えが必要ないというものです。

しかもコストは金属サイディングと同じくらいです。

驚くことに防火認定も得ています。

防火地域でも使用することができるのです。

金属系サイディングという種類は、成型された金属板と断熱材によって構成された外壁材のことです。

その特徴は非常に軽いことです。

負担が少なくて施工性が良いことも特徴です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top