住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

コーキング材とは

コーキング材は、家の隙間を充填するものです。
気密性と防水性を高める効果があり、これをしっかりとしておかないと、雨などが降った際に隙間から水が入り込み、建築材の腐食や雨漏りなどを引き起こすことがあります。
そのため、コーキング材による防水工事は、非常に重要であると言えます。

コーキング材は、種類や用途が数多く存在するのですが、それぞれ建築材に対する相性があるため、まずは、防水工事を施す住宅の建築材を把握しておく必要があります。
また、かかる費用や時間、耐久性なども、それぞれで大きな違いがあるため、防水工事を依頼した業者とよく相談し、最善と思われるコーキング材を選ぶようにしましょう。

また、コーキング材は、常に日光や風雨にさらされるため、次第に劣化して行きます。
そうなると、脆くなった場所から水が入り込んでしまうため、定期的に交換する必要があります。
しかし、コーキング材の傷が小さい時点で補修することを繰り返していけば、それによってコーキング材全体の寿命を長くすることができるため、日常的にコーキング材の様子を確認していくことが推奨されます。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top