住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

カバールーフ工材とは

一般的には屋根の状態が古くなってしまうと、屋根塗装を行う方法で対処をします。
この方法は定期的に施工することが大切になり、塗膜を常に綺麗に保つ方法で、屋根を守ることができる内容です。
しかし、あまりにも古くなってしまった屋根や、既に雨漏りを起こしてしまっている屋根の場合では、塗装作業だけでは修復することができないケースもあります。


この場合では葺き替えを行う方法で対処することになりますが、現在ではカバールーフ工材というものが用意されているので、比較的簡単に施工を済ませることができます。


カバールーフ工材とは古い屋根材を撤去せずに、その上に重ね張りを行う方法になり、現在ではスレート屋根やガルバリウム鋼材などを用いて施工することが一般的です。
古い資材をそのまま残す方法で施工されるので、メリットは安く済むことが挙げられ、余計な撤去費用がかからないことが有名です。


断熱効果を生むことも大きなメリットとして考えることができ、工場などの建物に施工する場合では、施設を稼働しながら工事を進められるメリットもあるので、該当している屋根であれば積極的に活用してみることも良い方法です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top