住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

エッフェル塔の塗装の真実

フランスの首都パリに存在するエッフェル塔。
パリの象徴として知られています。

高さ324メートルを誇るエッフェル塔を含んだセーヌ川の周辺地域は、1991年に世界遺産にも登録されました。
1889年に完成してから、2006年までの間に、2億人以上が訪れ、世界で最も観光客が訪れる名所とも言われています。

エッフェル塔の建設は万博に向けて大急ぎで建設され、なんとたったの2年2ヶ月で建設されたのです。
建設当時の高さは312メートルでしたが、これに放送用のテレビアンテナが設置されたことにより、現在の高さとなっています。

エッフェル塔を見た感じでは、鉄筋がむき出しの塔という印象を受けるかもしれませんが、実はエッフェル塔には塗装がされていて、三色のペンキを使用しているのです。

塔の一番下の部分に最も暗い色が塗られ、上までだんだんと明るい色になるように塗られています。
鉄が腐食してしまうのを防ぐために七年に一度、60トンものペンキを使って塗りなおすのです。
また、塗りなおす際は40万人もの人が駆り出されると言われています。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top