住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

ウレタン系塗料とシリコン系塗料の違いとは

ウレタン塗料にするかシリコン塗料にするか。 外壁塗装の前に悩まれる方はたくさんいらっしゃるかと思います。 今回はこの二つの塗料の特徴と違いについてご紹介いたします。

 まず、ウレタン樹脂は 建築関係の断熱材、シーリング材、車両関係のクッション材 高級家具の仕上げ塗り、フローリングの仕上げ塗りなどに 使われています。 

良い点としては 塗膜に光沢があり、付着性に優れていること 高級な仕上がり感が得られることや耐候性が高いこと が挙げられます。 次にシリコン樹脂について。 

これは戸建て住宅の塗り替え、カーテンウォール塗装 シーリング材、おしゃぶり、ファンデーション、シャンプー などに使われています。 

良い点としては 約600℃に耐えることができる高耐熱性塗料であること 耐熱性、耐候性に優れていること 汚れを寄せ付けない特性があること が挙げられます。

 ウレタン塗料の耐用年数が約6年と言われているのに対して シリコン塗料は約10〜13年もつとされています。 塗膜の光沢保持率もシリコン塗料の方が高いです。

 このように耐用年数の長さや光沢保持率の高さから シリコン塗料の方が値段が高く、ウレタン塗料は安くなっています。 あなたはどちらを選びますか?


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top