住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

アクリル塗料のデメリット

外壁塗装に使われる塗料の1つがアクリル塗料です。
アクリル塗料は他の塗料と比べて費用が安く抑えられるというメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

その1つが、耐用年数が6〜8年程度と塗料の中で最も短いということです。
耐用年数が短いため、こまめなメンテナンスを行う必要があります。
メンテナンスをしないまま放置しておくと、外壁が劣化してコケやカビが生えてしまい、見栄えは悪くなってしまうことがあります。

また、劣化することで塗膜にクラックというひび割れができやすいという特徴があります。
ひび割れは放置しておくと、割れた隙間から湿気や雨水が入り込んで建築資材を傷めて、二次被害を起こす可能性があります。
そうなると大掛かりな修理が必要になるので、こまめなメンテナンスを行う必要になります。

ただアクリル塗料は新築時には用いられやすい塗料なので、新築であっても油断はせずに、定期的に外壁の状態をチェックする必要があります。
劣化が進む前に外壁塗装をすることで、常に家の美観を保ち、家の寿命を延ばすことができます。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top