住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

アクセントカラーを用いて外装に差をつけよう


外装でも、日常生活でもよく使われるようになったアクセントカラー。 

今回は外壁塗装の場でのアクセントカラーについてご説明させていただきます。

 アクセントカラーは日本語で言うと差し色と呼ばれるもので、外壁塗装の現場では5から10パーセントの割合の部分だけ塗装を行うと呼ばれます。

 アクセントカラーはベースカラーとアソートカラーの二種類にアクセントとして使用するので似たような色合いはアクセントにならないので避けるべきでしょう。 

おすすめとしては、濃い色合いで、ベースカラーが寒色なら、ブラウン等の暖色に近い色合いを入れると、寒色をより引き立たせてくれます。 

アクセントカラーを選ぶ時に注意しなければならないのは、ベースカラーとアソートカラーを合わせてもケンカしない色合いを選ぶことです。

 暖色に近いからといって明るい色を選んでしまうと、締めの効果が得られず、ぼやけた印象となってしまいます。

 アクセントカラーとつかって他のお家と格差をつけましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top