住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

ひび割れ(クラック)の種類

外壁の塗装は、壁の基材の上に薄い膜を作ることで、紫外線や雨風のダメージから外壁を守っています。

しかし、年を経るごとに塗装は劣化していきますので、膜がもろくなって基材との密着力がなくなってきます。

そうなると水や空気を通しやすくなり、日光や気温の変化を受けてひび割れが起きやすくなります。
この塗膜の劣化によるひび割れのことをクラックと呼んでいますが、ひび割れにも種類があるのです。

劣化の程度や段階に見合った名前がつけられていて、下地までダメージが無い割れを「チェッキング」(ヘヤークラックと呼ぶこともあります)と呼んでおり、これは浅いひび割れです。

これに対して、塗膜の底まで割れている場合を「クラック」と呼んでおり、ひび割れの度合いは深くなります。

ひび割れがひどくなると、その部分から雨水が入り込んで雨漏りが始まったり、家の基礎部分にも影響を与えることになります。

ですので、劣化の程度が浅いうちに外壁塗装によるリフォームをすることで、家全体を守ることができ、長期的にもコストを抑えることができます。

外壁のひび割れ箇所の確認は自分でもすることができますので、定期的に自分の目で確認されるとよいでしょう。




群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top