住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

ひび割れの種類〜縁切れクラックとは?

現在での住宅事情としては、非常に豊富な外壁材を用いた住宅があり、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

従来型の住宅で多い外壁材の場合では、モルタルを用いている住宅を見ることができます。

このタイプの外壁材の場合では、経年劣化によってひび割れが発生してしまうことでも知られています。

単にひび割れといっても、いくつもの種類に分類することができ、その状態次第で外壁塗装を行うような場面では対処方法が変わります。

実際に発生しているひび割れの種類の中には、縁切れクラックと呼ばれているものがあります。

モルタルの外壁を作る場面では、通常では一面を一度に形成することを行う方法になり、継ぎ目などを作らないことが基本です。

しかし、住宅によってはモルタルの外壁を作っている最中に作業を途中で中止してしまったり、何かしらの原因があり、部分的にやり直しをしてしまったりすることもあり得ます。

この状況では後に縁切れクラックを起こしやすい環境にあるということができ、塗り次ぎ面にひび割れが起きてしまうことになります。

ですので、構造クラックと同じように状態次第ではシーリングを施してから塗装を行うことが必要でしょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top