住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

高崎市下大類町K様 コロニアル屋根のフッ素塗装工事

a2e4b88005d99de793376a741e315808
施工箇所
屋根・軒天・破風板・雨樋塗装工事
屋根塗装
(コロニアル)遮熱フッ素プラン/長持ち期間15年(7年保証)
付帯部塗装
フッ素プラン/長持ち期間10年
使用色
屋根:9114
工事期間
2016/07/02~7/12
担当営業
原田
担当職人
遠藤
ご依頼のきっかけ
弊社主催のリフォーム相談会イベントにご来場いただき
工事費(総額)
66万円
その他工事
雪止め金具取付2段(北面)

施工前のお悩み

 汚れが気になっていた。

当社を選んだ決め手は?

 広告を見ました。
きれいになってよかったです。
21abc983116fcf4214e57a743c9600338
 ▲屋根の色褪せ
00b60b82318fc3f6e92f457661be529f1
 ▲屋根のコケ
9976a694958387b8db1e1b1aba2b4abc1
 ▲軒天の黒ずみ
ab2a6a2bf88b9c6c623eabb6844d21cd6
 ▲軒天の汚れ
 
 
 
 
 

ご提出させていただいた塗替え交換日記

cf78e38766e9c59e319cda2ecf297af814
 
ee85df8e79d4c40b3dc352db6e1bbe4214

お客様の声

bc8e18f183842b7c4c62194c1123e98415
 
89bba0d43d84dbfdd2f9a36a7ab2907614

営業担当より

 
  
a2e4b88005d99de793376a741e315808
Kさま、この度は屋根に塗替え工事をご発注いただき誠にありがとうございました。
今回は、屋根の汚れが気になったのがきっかけでお問い合わせいただきましたが、汚れの正体の原因の一つは屋根にはえたコケでした。
今回は、「コロニアル(カラーベスト)」という屋根材をご使用されていたお家ですが、屋根材としては群馬県では使用されているお家が多く、ポピュラーな屋根材です。
屋根の上にコケがはえる状態というのは屋根の劣化が進んでいる一つのサインですので、ちょうど、塗装工事をご検討いただいてよかったです。
屋根は紫外線の影響などで経年劣化しますと、新築時にはあったコロニアル屋根の表面を覆う塗膜がだんだん剥離してきて参りまして、屋根材がむき出しの状態になります。
その状態で雨水などがあたりますと、本来であれば塗膜で撥水できていた屋根材の表面が、どんどん雨水を吸収します。
そして、なかなか水分が蒸発しない屋根材がつねに水分を蓄えた状態になりますとコケが発生してしまう構造になっています。
もっと劣化が進行した場合、水分を蓄えた屋根の状態が冬に続きますと、水分が凍って屋根材が膨張し、屋根材そのものが割れ・ヒビなどが起きてしい、その隙間から雨水が侵入して雨漏りの原因となることもあります。
今回は、屋根の表面がお家の外観から見えやすいデザインのお家でしたので、Kさま自らが劣化に気づいていただくことができました。
ただ、やっぱり、屋根は普段目にすることが少ない場所でもあるので、定期的に塗装でメンテナンスされることをお勧めしたい場所です。
今後はまた、塗装後点検でお伺いさせていただきますので、K様の見えにくい屋根の場所もしっかり点検させていただいます。
どうぞよろしくお願いします!!





before
fabdfd00348ace69932982c1caa99731
horizontal
after
17c64a59227fa4fb1d668e5174c49cc8
before
8dbd61911842928d98311a3223bb7250
horizontal
after
c866704983085a101f60d90c1db4795d
before
64e603f3656d0915a1440a80ea113e27
horizontal
after
6fe77698220243fb7aefc9197789d84d
before
08a5d7f56cb6ed42186b7b8cc9840c291
horizontal
after
a2e4b88005d99de793376a741e315808
before
7cd65c974888e6b495e3abd8d0e4823e1
horizontal
after
4fa84d30fe2ecbc4c1b5dd186713b64b1

工事中のレポート

2016年7月1日

ff07eab7f0ec31d28893e342121609622
足場完成
 足場が完成しました!これから安全第一で頑張ります。

2016年7月4日

ef69e348936c4aced329c8a0308a64d4
屋根 洗浄中
 長年の汚れやコケを時間をかけて洗い残しがないように確認をしながら洗浄しました。

2016年7月4日

82b118c5f85bc129f8f55fc0f2ed49aa
軒天 洗浄中
 高圧洗浄を使用して、隅々まできれいにしてきます。

2016年7月6日

dfc714614ad17752bde37fb9ceeb007b
使用材料一式
 今回の塗装で使用する塗料・材料の一式です。

2016年7月6日

33d29d57071aad82efda89f3d2290225
屋根棟板金 錆止め塗装
 通常の塗料を塗装する前に、錆の発生を防止する錆止め塗料を塗装しました。

2016年7月6日

70f765b795fea85eedec2bee76391adb
屋根棟板金 釘頭コーキング
 飛び出ている釘を打った後、再度出て来ない様にコーキングを打っていきます。釘頭の上にコーキングを打つことで水の浸入と釘の飛び出しを防ぎます。

2016年7月6日

4088eb4d55541c1f412ddd4060015274
屋根棟板金 施工後
 屋根棟板金 施工後の様子です。

2016年7月6日

ab1d828650e37eb1ab7314985b3066a7
軒天 上塗り1回目中
 塗残しの無い様に確認しながら塗りました。まだ透けている所がありますが2回目を塗れば綺麗に仕上がります。

2016年7月7日

3f0cd05d4a918a28c17a49fc76613c51
軒天 上塗り2回目中
 細かい所もキッチリ塗りました。透けや塗残しもなく綺麗に仕上がりました。

2016年7月7日

fabdfd00348ace69932982c1caa99731
軒天 施工前
 軒天 施工前の様子です。

2016年7月7日

17c64a59227fa4fb1d668e5174c49cc8
軒天 施工後
 軒天 施工後の様子です。

2016年7月7日

575effa52aa56e22d9ef1120576422e3
屋根 下塗り1回目中
 吸い込みがあるのでたっぷり塗料を付けて塗装を行いました。

2016年7月7日

e018ed033a904f6d639024ccfd9031d6
屋根 下塗り2回目中
 1回目同様、塗料をたっぷり付けて塗装を行いました。

2016年7月8日

fd2bc6ea824b3d21b752b027e644ae21
屋根 上塗り1回目中
 ムラや透けの無いように確認しながら塗装を行いました。乾燥後2回目を行います。

2016年7月8日

4c0c7480c88cfd5f90392b8c787bfa2f
屋根 上塗り2回目中
 これで仕上がりなので、後からのダレやムラが出ない様に確認しながら塗っていきました。

2016年7月8日

8dbd61911842928d98311a3223bb7250
屋根 施工前
 屋根 施工前の様子です。

2016年7月8日

c866704983085a101f60d90c1db4795d
屋根 施工後
 屋根 施工後の様子です。

2016年7月8日

1955e2f953eebc6484f233baf0f5f9e0
樋・破風板 下地(ケレン)処理
 塗装する前に、浮いている古い塗膜を落とし細かい傷を付けて密着性を良くします。

2016年7月8日

591811174d49afd28de484ea02ef9d02
樋・破風板 上塗り1回目中
 1回目の塗装になるので、塗料をたくさんつけてカスレの無い様に塗装していきました。

2016年7月8日

258c172407cab84fdedbda92196b8203
樋・破風板 上塗り2回目中
 ローラーと刷毛を使い、塗り残しの無いように綺麗に仕上げました。

2016年7月8日

64e603f3656d0915a1440a80ea113e27
樋・破風板 施工前
 樋・破風板 施工前の様子です。

2016年7月8日

6fe77698220243fb7aefc9197789d84d
樋・破風板 施工後
 樋・破風板 施工後の様子です。

2016年7月12日

08a5d7f56cb6ed42186b7b8cc9840c291
施工前
 

2016年7月12日

a2e4b88005d99de793376a741e315808
施工後
 

2016年7月12日

7cd65c974888e6b495e3abd8d0e4823e1
施工前
 

2016年7月12日

4fa84d30fe2ecbc4c1b5dd186713b64b1
施工後