住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

高崎市のサイディングの塗装現場のご紹介!奥の深いコーキング工事

今回は高崎市にある外壁がサイディングのお家の塗装の様子をご紹介します。


まず、今回現場調査にお伺いした際のお家の状態は
屋根外壁共に色褪せが確認でき、コーキング材のひび割れも確認できましたので、早めのメンテナンスが必要とお伝えしました。

ここからは実際に施工した写真を載せながら施工の流れをお話しさせていきます。
まずコーキングです。
この写真はコーキングがひび割れている写真です。
03C33CFD-2CB7-4D27-855E-2266859096EA
 このコーキング工事は塗装をすると施工不良でも分からなくなってしまう、注意が必要な工事なのです。



そのため、塗装工事の基礎知識として悪い施工例と、正しい施工例をお伝えさせて頂きます。





まず、悪い施工例は、



今収縮、硬化し、ひび割れを起こしているコーキング材の上に新しいコーキング材をそのまま施工します。

一見キレイになったように見えますが、コーキング材の厚みが取れていない為、数年で同じところが、ひび割れ割れて来ます。

これではお金をかける意味がありません。

では、どのように施工を行うかというと、 写真のように、今劣化しているコーキング材を取り除きます。

A443419F-7CC1-43C4-94CF-FC99D4F4D38B
そして、取り除いた部分の掃除をし、サイディングボードの両断面にプライマーを塗布します。
89422855-92D1-4EEB-9E2F-949544A94544
そして、写真のように、新しいコーキング材を施工します。





これが正しい施工方法です。

この施工方法を行うことによって、コーキング材に厚みを持たせてあげることができます。
正しい方法を行うことでコーキング材の耐久年数も抜群です。

実はこのコーキング材には、グレードがあります。

まず、価格面でもお安いのが、シリコンコーキングです。

このシリコンコーキングは、水回り専用のコーキング材といって油分が多く、上から塗装をしても弾いてしまいます!
そのため、ひび割れ補修などで、このコーキング材を使って補修をしてしまうと後々、業者さんに工事を依頼するときに今のコーキングを撤去するのに余分にお金がかかることも・・・。
余計なコストをかけて塗装工事をすることになりますのでお気をつけください。


そして、

次に品揃えの多いものが変成シリコンというコーキング材です。

このコーキング材は塗装に適した一般的なコーキング材です。
しかし、変成シリコンより、グレードの高いコーキング材があります。
それが、ウレタンコーキングです。
ウレタンコーキングは変成シリコンより耐久年数が長い為、



塗装を行うのであれば是非このウレタンコーキングを使用してください。
ここは塗装専門店かそうでないかのこだわりのポイントにもなりますから
しっかり使用する材料の確認をしたいものです。
86BB8A60-8BBC-4579-9D3B-230B7963411F
作業工程も大詰めです。

コーキングを注入しヘラで空気をぬいてテープを剥がして完成になります。

コーキング材を長持ちさせるためには工事工程は非常に重要です。

せっかくの塗装工事ですから
サイディングの外壁の場合はコーキングのグレードもこだわってみてはいかがでしょうか。