住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

コーキングの隙間が気になるとのご連絡を受け、高崎市上大類町に外壁塗装のお見積りに行ってきました

CA2B2398-CBA1-441F-BBE9-C062D0A6180D
高崎市上大類町に現場調査に伺いました。
今回のお問い合わせ内容は、コーキングの劣化、それに伴うサイディングボードの反りです。
現場調査を始めるとコーキングの硬化、ひび割れが確認できました。
0914B722-988C-4D3E-B5CE-95CC45F9E131
窓の近くのコーキングも劣化していました。
築15年ほどになると多くのお家が、このように劣化しています。

この症状を放置するとサイディングボードが反ってきてしまいます。
97335E87-905F-4768-8D48-879720112323
この写真は、サイディングボードの反りの写真です。




少しわかりにくいかもしれませんが、サイディングボードが反ってることが確認できました。
なぜ、サイディングボードに反りが出るかというと、



コーキングの劣化に原因があります。

新築時、外壁の表面は焼き付けの塗装がされています。
しかし、断面には塗装がされていません。
その断面を隠しているのがコーキングです。

コーキングが劣化し、サイディングボードの断面が露出してしまうと、雨水を吸収するようになります。

サイディングボードが吸収した水分を日中日光を浴びて、蒸発させます。



この現象を繰り返すとサイディングボードが反ってきます。

反りが酷くなってしまうと、そのままでは塗装を行えなくなり余分な費用がかかってしまう可能性があります。





15年以上前のサイディングボードだと、同じ柄のボードが廃盤になっていて、ボードのデザインが違うものを張り替えなくてはいけなくなります。

1A04E46A-01C8-47B1-91A2-9EF9639EAB2A
なので、



コーキングが劣化してきたら、しっかりとメンテナンスを行う必要があります。





このような症状でお困りの方は

お気軽にお問い合わせ下さい。






営業部 滝川寛太