住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

高崎市浜尻町でスレート屋根の現場調査に伺いました。

スレート屋根
高崎市浜尻町でスレート屋根の現場調査に伺いました。



今回のお問い合わせ内容は、スレート屋根の色褪せとコケが気になるということで、お問い合わせいただきました。



現場調査を始めると屋根全体から色褪せが確認できました。
スレート屋根
北面を見てみるとコケの発生も確認できました。



なぜ、北面にコケが発生しやすいかというと、



屋根表面の塗膜の劣化が原因になります。



スレート屋根は元々屋根材自体に撥水性がないため塗装が必ず必要です。



なので、新築時でも塗装されています。



しかし、5~10年経つと、紫外線や雨の影響を受け塗膜の劣化が起こります。



塗膜が、劣化してくると屋根表面のは撥水性が低下しスレート屋根が水分を含み始めます。



スレート屋根が水分を含んでいる状態で日中日差しを浴び南面は日光が良く当たる為水分が蒸発しやすいですが、



北面は、日光が当たりにくい為スレート屋根に水分がとどまりコケの発生の原因になります。



スレート屋根
なので、コケの発生が確認できたら、塗装のサインになります。

すぐには、雨漏り等はしないですが、放置してしまうと塗装ができないほど劣化してしまう可能性があります。

可能であれば、お早めのお塗り替えをお勧めします。




スレート屋根
スレート屋根の施工方法は、

まず初めに、コケやカビを落とすために高圧洗浄を行います。

この作業をしっかり行はないと、スレート屋根と塗料の密着性が良くないため塗膜の剥がれが起こる可能性があります。

次の作業は、下塗りを、たっぷり塗り

上塗りを2回塗装し仕上げていきます。

このような症状でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top