住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

高崎市でサイディングの塗装工事が終わりました。

今回は先日施工させていただいた物件をご紹介いたします。

 

外壁塗装は初めてで、どんなところにお願いしたらわからないとのことで非常に悩まれていました。

こちらのお家は築20年ほど経過しており外壁表面の色褪せや外壁目地部分のコーキングと呼ばれるゴムのような部分が切れているところを気にされておりました。

 

気になられているところの確認を行うべくまずは建物診断で現状の把握を行いました。

 

sIMG_5622




こちらが施工前です。





 





今回のお家はサイディングが使用されておりました。





もともとオレンジに近い色だったそうですが色褪せを起こし





白っぽくなっていました。





特に南面は紫外線の影響で色褪せは顕著に見られました。





 





外壁は表面が劣化するとひび割れなどが起こる原因になりますのでしっかりとメンテナンスを行うことが重要です。





 





また、サイディングの外壁に場合は特に重要なのが外壁目地の、窓廻りのコーキングです。





 





この部分が劣化しひび割れや隙間が空くことで雨漏りにつながるケースはよくありますので要注意です。





181004_0004




では施工の流れを説明します。






まずはコーキングの処理を行います。





コーキングは基本既存の悪いコーキングを撤去し新しいものに打ち替えます。





それを行わないと数年後に同じ部分からひび割れが起こります。





 





必ず撤去を行い施工することが大切になります。





また、コーキングは乾燥を行わない塗装ができないため乾燥期間を必ず取ることが必要です。





 





そのため塗装工事の最中には1~3日空くことが通常になります。





 





コーキングが乾燥した後高圧洗浄を行い塗装作業に入ります。





 





181015_0024




まずは下塗りです。





サイディングの場合はシーラーを下塗りに入れます。





簡単に言うと接着剤です。





 





この作業を怠ると下地と上塗り材が密着不良を起こし剥離の原因になります。





この作業は重要な作業になるためしっかりと行うことが必要です。





 





シーラーは透明か白がほとんどです。





透明を塗布すると塗ったのかわかりにくいですが実際に塗った職人には一目瞭然ですので





下塗りの塗り残しはほとんどありません。





s_181015_0023




下塗りをたっぷり塗布した後に上塗りになります。





 





たまにいただくご質問で「今の色と全く違う色にできるの?」と聞かれることがあります。





基本的にはどんな色でも塗装は可能です。





 





お好きな色で塗装し1520年綺麗なまま過ごされることが理想だと思われます。





 





s_181015_0009




こちらが完成の外壁です。





クリーム系のお色を塗らせていただき綺麗に仕上がりました。





お客様も大満足頂きました。





 





お家の塗装で気になることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。