住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

屋上のシート防水施工「絶縁工法」についてご紹介します!

防水施前

今回は屋上のシート防水の施工についてお話させていただきます。

こちらのお家は築23年ほど経過しており
屋上に上がるたびに防水の劣化が気になっていらっしゃいました。

広さもあるためコストが。。。
と思われていましたが意を決してお問い合わせいただきました。

既存のシート防水は塩化ビニルの製品で紫外線の影響で劣化してしまうため
メンテナンスは重要です。
ディスク盤 固定

今回ご紹介する施工方法は「絶縁工法」というものです。
従来の工法で「密着工法」というものがありますが
この工法は地震の揺れなどでシートの剥離等が懸念されていました。

今回のこの工法は既存のシートの上に新規のシートを置き
その上にディスクを等間隔設置しさらにシートを施工することで成り立ちます。

一番上のシートとディスクが密着しておらず隙間の空いたような状態のため
動きが追随せず剥離の懸念がカバーできます!
この方法はお勧めです。
改修ドレイン 設置

また、シート防水の場合既存のものの上に施工するため
雨水を流すための穴「ドレン」の再設置が必要になる場合があります。

この施工を行わないと水が溜まってしまい排水ができなくなってしまいます。
その為調査時にはこの部分の確認も重要です。
防水施工後

そしてこちらが完成です!!

ばっちり綺麗に仕上がりました。

防水は少し切れたところから雨漏りを起こすというケースは少なくありません。
なかなかわかりにくい防水からの雨漏りですので
気になる方はお声がけください。

お問い合わせお待ちしております。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top