住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

高崎市で築25年のお家屋根の瓦と瓦の隙間の漆喰の調査を行いました


こんにちはミヤケンの澤井です。

北風に手がかじかむ季節になり
朝の運転も手袋を使用か考えている今日この頃・・・

今日も元気に頑張っております!!

さて今回は先日伺った高崎市菅谷町のお家をご紹介いたします。
IMG_9925

こちらのお家は築25年ほどで
そろそろ屋根のメンテナンスが必要ではないか
とのことでご依頼をいただきました。

屋根は和瓦でしたのでメンテナンスはほとんどいりません、、、ですが!!
IMG_99302

瓦と瓦の隙間!
そうです「漆喰」です。
瓦の間に白っぽいものが挟まっているのがおわかりいただけますでしょうか。

こちらの漆喰ですがものによって、また方角によって傷み方は様々です。
今回のお家はモルタル漆喰が使用されていて強度的には高いです!


IMG_9928

しかし、経年劣化は起こるものです。
長年の雨風によりご覧の
漆喰が剥がれ落ちてしまっています。
普段目には見えない部分ですが、確実に劣化が進んでしまうんですね。

中の土が確認出来るとこの部分から雨漏りを起こす原因になりますので
要注意です。
IMG_9933

ほかにも漆喰の剥離が見られました。
特に風のあたりが強い北面などは
漆喰の剥離が多くみられやすい部分です。

お庭にころころと石のようなものが落ちてきていたら
注意が必要です。
確認してみてください。

ミヤケン 澤井