住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

高崎市で一建設のお家の塗替えお見積りへ(コロニアルグラッサ編)


こんにちはミヤケンの澤井です。

12月に入り今年ももう終わるのかとハッとした今日この頃・・・
今日も元気に頑張っております。

さて今回は先日、群馬県の倉賀野町へ塗替えのお見積りへを行ったお家をご紹介いたします。
IMG_9986

今回は一建設のお家を調査してまいりました。

使用されている屋根材はコロニアルグラッサ
一般的に使用されているコロニアル屋根とは少し違います。
IMG_9987

何が違うかというと近年主流になったアスベストを含まない
ノンアスベストタイプの瓦という点です。

只、気を付けていただきたいポイントとして
ノンアスベストのものに移行し始めの
築年数15年から17年ほどのお家は要注意。
IMG_9989


アスベストを含まなくなったため形成の仕方が変わり
その年代のものは場合によっては強度的に少し弱いものがあります。
雪の影響でひび割れが起こりやすかったり
施工の際に乗っただけで割れてしまうものなんかも・・・
IMG_9990

場合によっては剥がれ落ちたりするケースもあります。

部材は見ないとわかりませんが特にお屋根は
普段目の届かないところなので
どんな部材が使用されているか把握することが重要です。
そして、その部材にあった、修繕方法も選択することで、お家が長持ちするか
そうでないかの分かれ目になりますので、ぜひご注意ください。

もし気になることがあれば、ご参考にお見積りは無料でさせていただいておりますので、
お気軽にご相談くださいませ。


ミヤケン 澤井