住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

築17年!高崎市でコロニアル屋根からの雨漏り調査で毛細管現象を確認!


こんにちはミヤケンの澤井です

台風が過ぎ去り寒さも増してきた今日この頃・・・
今日も元気に頑張っております。

さて、今回は先日台風の雨の影響で雨漏りがおきたので群馬県高崎市上中居町へその調査に伺いました。
築17年屋根はコロニアル、外壁はスタッコ吹付のお家でした。
IMG_8158

和室の天井から雨漏りがしているとのことで確認いたしました。

このほかにも多く漏れている場所が数か所ありました。

押入れの天袋から確認できそうだったので天井裏を確認。

IMG_80121

すると、このように柱がびしょびしょの状態で上からの影響であることがわかりました。

その為雨漏りの原因箇所を見つけるべくまずは屋根の確認を行いました。


IMG_8039

下屋根に上り確認しましたが、ぱっと見たところ問題はなさそうに思えました。

屋根が破損しているわけでもなく、ひび割れがあるわけでもなく
何が問題なのかと思われましたが、よくよく見るとありました。


IMG_8035

コロニアル屋根の境目です。

この部分は本来であれば隙間が空いていなければならない部分であります。
塗装の際にはあえて隙間を作る下地処理(縁切り作業)を行い塗装をしなければなりません。

この部分が塗装で塞がってしまうことで屋根の内側の雨水の脱出口がなくなり室内へと逆流(毛細管現象)を起こし雨漏りに繋がります。

その為塗装工事をご検討中の方はこの部分は特にご注意ください。

澤井