住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁材のサイディングの特徴と劣化を見極めるポイントとは?

こんにちは。

ミヤケンの営業部新人の西場です。


今回は、外装材料のひとつである「サイディング」について

お話ししようと思います。

サイディングは、工場で生産された板状の製品を壁に

貼って仕上げるもので、

その材質は、塩ビ製や金属製のものもありますが、

今日は窯業系サイディングについてお話します。

こんな外壁材です。見たことありますか?
サイディング
この窯業系サイディングは、

セメント+パルプ(木のチップ)など+水 で生成されていて、

 ・地震に強い

 ・防火・耐火性に優れている

 ・リフォームにも向いている

などの利点がたくさんあります。

しかし、良いところばかりではありません。

もちろん欠点もあります。

たとえば
 ・色褪せする

 ・ひび割れが発生する

 ・カビやコケが生える

 
など。。。しかしこれらの欠点は

どんな材質のものでも共通していえます。

 
サイディングで最も深刻な欠点は、

板と板の間や窓サッシのまわりにある

 「コーキングの劣化」 です。

コーキング割れ
コーキングが劣化して、上の写真のようにひび割れてしまうと、

このひび割れから雨水などが浸入して、

サイディング自体が水分を吸い込んでしまいます。

板の側面(切り口)には加工なんてされていませんし、主原料がセメントなので

毛細管現象でどんどん水分を吸い込みます。

その水分はやがては乾燥しますが、それが何回も繰り返しているうちに、

「爆裂現象」 が発生します。
爆裂現象
浸み込んだ水分が外へ逃げようとする力で、

内部から割れてくる現象です。

こうなってしまうと、塗装では対処できず貼り替えが

必要になる場合もあります。

 

こうならないためにミヤケンでは、

サイデイングのお家を塗装する場合、

「コーキングの打ち替え」 を

必ず行います。

外壁がサイディングでコーキングが切れてしまっている方がいらっしゃいましたら、

コーキングの打ち替えのみの工事も可能ですので、

ミヤケンへご相談ください。