住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

太田市城西町でサイディングの外壁塗装のお見積りをしました。

出窓上 コーキング
今回は、太田市城西町で外壁塗装のお見積りをしました。
このお家は、屋根は陶器瓦、外壁はサイディングボードです。
屋根は陶器瓦の為塗装はしませんが、サイディングボードを塗装します。

サイディングボードの場合、塗装するうえで必要不可欠なのが、コーキングの処理です。

コーキングの劣化と言ってもどのようなところをお見積り時に見るのかご紹介します。
出窓上 コーキング
上の写真のようにほとんどの出窓上のコーキングが割れています。
窓の上は、雨も受けますし、なにより外壁よりも出っ張っておりますので、紫外線の影響を特に受けます。
その為、コーキングが硬くなり写真のように割れてしまいます。
出窓上 コーキング
出窓の角部分も同じように外壁のコーキングの割れも同様に起こっています。

出窓などのサッシ類は、外壁の中に立ち上がっておりますから、そこから直接雨水は入りませんが隙間があれば
強い雨が吹き込んでしまい、サッシを飛び越えてお家の中に雨水が侵入する可能性もあります。
出窓上 コーキング
特にこちらですね。
コーキング裏のバックアップ材が飛び出てしまっています。
コーキングが薄いのかもしれませんが、このままでは塗装はできても長持ちしません。
コーキングの打ち替えは絶対必要です。

既存のコーキングを撤去して、新しいコーキングを充填する工法が必要です。

コーキングには打ち替えと増し打ちの工法があります。

間違った方法でも工事後はどちらの工法で行ったのか見分けがつきません。

数年たって判明してしまうのです。

そのため、このコーキングの処理については
お見積り書でもしっかり明記させていただき、ご説明を行っています。

サイディングのお家は13年前後がメンテナンスの目安と言われていますので
もしそろそろ・・・とお考えの方はまずは建物の点検・診断から始めてみてはいかがでしょうか。