住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

今からでも火災保険申請できます!太田市大館町で雪による雨樋の被害を確認しました

9146E7D2-05F8-4F2E-9C10-27EBCECC18CB
今回は、太田市大舘町に伺いまして、雪による雨樋の被害を見てきました。群馬県では、2014年の2月と2016年の1月に大雪がありました。

どちらで被害が出たかはわかりませんが、そういった雪により、雨樋が歪んでしまっております。屋根を見ていただくとわかりますが、雪止めがないのがわかります。それも相まって、このような被害がでたのだと予想できます。
7CB5051B-7A64-42A4-83B3-5B3B272B53EA
雨樋は基本的に塩化ビニール製です。簡単に言うとプラスチックです。ですから、弾力がある状態で、大きな力がかかると、写真のように形を覚えてしまいます。
F1E3411F-3649-4088-8953-7A3781B4C25F
そして、この写真のように、歪みが残ってしまうのです。もちろん、プラスチックですから、年数が経っていて素材が硬くなっていると、歪みではなくて、割れる事もあります。
1320C8A1-1773-42C4-9AD1-886EF4AB6F69
また、屋根の先に付いている、軒樋だけでなく、写真のように、縦樋の繋ぎなどが外れてしまったり、割れてしまう事もあります。こうなってしまっては、雨樋の本来の役割である排水する力がないも同然です。

雨樋の歪みは、塗装では治りません。力で持ち上げてもまた同様の重みがかかれば、戻ってしまいます。

ですから、このような被害の場合、雨樋の交換が必要なのです。