住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

大泉町日の出にて外塀のお見積りに行ってきました!

本日は、大泉町日の出というところで外塀の調査を行いました。

1度お塗り替え歴のある、吹き付け模様の外塀です。

今の状態は、15年ほど前に塗装した塗料が剥がれていたり、膨れているのがわかりました。
722F1DE7-A467-4BED-ABCA-9A6418CEC3FB
外塀は、揺れの影響をとても受けやすいです。ひびわれている塀もよく見ますよね?

今回は構造のひび割れではなく、塗装のひび割れなどのお話です。

外塀に塗装している姿はよく見ますよね?しかし、外塀に塗る塗装、相性があるのをご存知ですか?
EF1E6FFC-5F82-4BDC-BD15-BD75039DA52F
外塀は湿気の影響をとても受けます。それは、地面からの湿気を防げないからです。

表裏、天辺を塗装して保護して、そこから湿気は入らないとはいえ、地面から吸い上げてしまうのです。

こればかりは、完全に防ぐことは難しいです。

ではどうするか。塗る塗料を選ぶ事で対策となります。

塗料には、簡単に、湿気を通しやすいものと湿気を通しにくいものがあります。
9A0D71D7-7B44-49D5-BDD8-00D8E2DE9EAB
湿気を通しにくい塗料を使うと、地面から吸い上げた湿気が出れなくなり、塗料を膨らましてしまいます。
5D213C13-E39A-435D-B7ED-BAEDC8FE767D
湿気を通しやすい塗料を使えば、これは防げます。

でも絶対ではありません。リスクを下げるということです。



外塀はとてもデリケートですから、ご検討の方、必ずご相談ください。



西場