住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市にて金属屋根(トタン屋根)の現場調査へ行ってきました。

前橋市朝日町にてトタン屋根(金属屋根)のお見積もりを行ってきました。

お見積とはいうものの・・・現場の状況確認が主となります。

もちろん寸法もとりますが。。


トタン屋根に於けるお見積と状況確認は一体何を見るのか!?

本日は私達塗装屋さんがどんな所に注視をして現場調査とお見積を行っているかをご紹介いたします。


s20180930-3_180930_0001
よくありますよね!!

こんなトタン屋根^_^

そう。こんな三角屋根(切妻屋根)形状もありますし一方方向だけの片流れ形状もあります。

ただ、どの様な形状に於いても素材がトタン・板金・金属となると

私達は錆の発生状況をまず確認する事になります。


錆の発生状況が深刻過ぎて素材が腐り始めていれば、もう塗装ではどうにもなりません。。

カバー工法といってこの屋根の上に、もう一層同じ様な素材のガルバリウム鋼板という

金属板屋根を乗せる事を検討しなくてはいけません。

また、錆の広がり具合や発生具合で、使用する錆止め塗料の選定も変わってきます。

エポキシ樹脂と呼ばれる成分のサビ止め塗料が良いのか?

錆の内部まで浸透していき、錆の根から固めてしまう錆止塗料がよいのか?

弱溶剤と呼ばれる油性塗料が適切か?はたまた強溶剤と呼ばれる塗料が良いのか?等々・・

様々な観点からメンテンスの仕様や、塗料選定を行っていかなくてはなりません。






s20180930-3_180930_0002
更に、仮に錆の発生が少なくとも、以前に塗装メンテンスを行っており

その塗膜がペロペロと剥がれていたりしたら、今見えている塗膜を全て剥がしていく第1種ケレンという

相当手間暇のかかる下地処理を行ってからの再塗装になりますし

時にはこれまたカバー工法を検討しなくてはいけない事になる事もあります。


一番望ましいのは、あまり錆の発生がなくて

前に塗ったペンキも剥がれていない。。こんな状況が長期に良き状況を作れるメンテナンスに適しています。

まあ・・・チョコッと色褪せしているくらいの状況なら誰も『塗装しなくちゃ!』とは思われないのでしょうけどね。


s20180930-3_180930_0003
塗膜が剥がれていたり・・

相当量のサビが発生している時の塗装は、下地処理として電動ディスクサンダーなどを用い

旧塗膜の完全除去&錆の完全除去も必要な時がございます。


でも・・・

一般の方ですとなかなか適切な下地処理の選定や適切な仕上げ工法の選定は難しいかもしれません。。


ですので!!!私達がその判断基準の確認に伺う訳です。。


塗るのがいいのか!?

塗ってはならないのか!?

では下地処理はどんな工法を選定していけばよいのか!?


一口に【ペンキ塗り】とは言っても本当に奥深く難しい物なのです。。。



s20180930-3_180930_0004
調査をしていく過程のなかで・・

遠目からでは見つける事出来なかった↑写真のような穴も見つかっています。


現場調査はしっかりと時間をかけながら、くまなく丁寧に行っていかなくてはなりません。


上記の様な全ての事を加味しながらお見積へと移っていきます。

お見積もり自体は採寸後に使用塗布量を計算しながら原価と利益で金額を出していきます。



まぁお客様によっては、提示金額に安いや高い等のご意見もありますし

もちろん業者さんによってもご提示金額の前後は出てきます。


しかしながら、このご時世ですから一口にペンキを塗ったら大体これぐらい!!と

ざっくり金額で簡単に工事を頼んでしまうのだけはやめて頂いた方が良いと思います。


業者さんはお家を見に来ていると思いますが、皆さまは是非とも!!

ご自宅を調査・見積もりをしている業者を見て頂ければと思います。


現状の状況をしっかりと見てくれているか!?

使用塗料やメンテ方法も十二分に検討をしてくれているか!?


様々な観点から業者さんを選ばれる事と思います。

ですので皆様も本日ご紹介させていただいた内容を熟知の上

業者さんとお話をし適切な会社選びをしていただければと思います。


お見積もりは調査なしでは成しえない!

ここをご理解いただき幸せな塗装メンテナンスを行って下さい。


あまりにご不安やご心配をされる方は一度私達にご相談いただければと思っています^_^;

屋根の塗装も専門店のミヤケンへお声掛けください。