住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

屋根は・・塗装なのか、カバーなのか。。。判断はプロの診断ではっきりさせましょう!

屋根塗装のお見積もり依頼。

お客様に塗装をご希望いただいても、その全てが塗装で施工できる訳ではなく

むしろ塗装は出来ない!!!という様な場合もあるのです。。

非常に悔しく心苦しくもありますが現場調査を行った後に

『今回は塗装を行う事は出来ません!』とお伝えしなくてはならない時があります。


今日はそんなレアなケースをご紹介いたします。

どんなケースか!?


s20180310_180630_0011
s20180310_180630_0010
こんな風に以前の塗膜がベロベロと剥がれてしまっている場合は非常に厳しい状況となります。

ただ・・・こういった密着の泥弱な塗膜を全て撤去した後に再度塗装を行うという事であれば

もちろん施工は可能となります。

しかし・・・

この状況にプラスして





s20180310_180630_0007
こんな風に割れなどが起きているとどうでしょうか?

全ての塗膜を剥離し、そして各所で割れている瓦を張替え・・・

てなことをしているのであれば、この上から新たなる軽量で高耐久な素材の屋根材を

のせていった方が安心であり長寿命ではないでしょうか。

もしかしたら!!!

少しだけ費用が上がってしまうかもしれませんが・・・・

長期に渡って良き状態を維持する方法を選んでいただいた方が

長い目で見てお得になると感じています。


しかしその判断をなかなか一般の方がする事が難しい。

どうしても、自身の希望よりの判断基準となってしまいます。


s20180310_180630_0009
パッと見た目は『塗装で何とかなるだろう!!』なんて思ってしまいがちですよね!?


専門の方に見てもらい判断しましょう。

先日私にご依頼してくださったお客様が言っておられました。。。

2年前に塗装を行ったけれど・・

またすぐに剥がれてまった。と・・

なので今回はカバー工法で施工をする予定となっております。


皆様もそうならぬ様に間違いのない判断を行っていきましょう。

お家のメンテナンスは(株)ミヤケンへ!

もしかして・・・とお悩みの方はお見積の前に
ミヤケンの建物診断をおすすめしてます!