住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

サイディング壁の塗装前に必要な、サッシ周りコーキングの施工方法とは?

お世話になります。ミヤケン宮下です。

今回はコーキング工事についての事についてお話させていただきます。

このコーキング工事は塗装をする際に必要な工事となる大切な部分です。

外壁材の貼り合わせ部分や窓回りの部分のゴム状の部分の事です。(目地と呼ばれます)

新築から10年位を境に劣化(弾力低下・破断・ひび割れ・欠落)する事が多く

屋根に次いで傷みが激しい部分ではないかと個人的には思います。

もちろんお家の造り・外壁材の種類によりコーキングが施工されていないお家もございます。

基本的な施工の流れはこの様な感じです。
S__33177603
こちらは窓回りの施工前のコーキングの写真です。
S__33177604
古くなったコーキングは撤去します。既存のコーキングを撤去するか、しないかで耐久性が変わる非常に大切な部分です。
S__33177605
撤去したコーキングの溝部分(目地)にプライマー(接着材を)塗ります。これも大切な作業です。青いテープはマスキングテープと呼ばれる汚染防止のテープです。
S__33177606
コーキング材の充填です。充填する量が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメです。作業を見ていると適度な加減で職人さんは作業を行っています。
S__33177607
充填したら平らに均します。これが本当に難しく力の加減がやはり難しい部分です。仕上がりに影響を及ぼす為大切な作業です。
コーキングの処理(下地処理)を行った後、塗装工程に移行していきます。

下塗り・上塗り(1回目)・上塗り(2回目)という流れとなります。

塗装工事の場合コーキングは基本先に施工します。(クリアー塗装仕上げの場合は後施工です)

コーキングも塗料が塗られる為、紫外線の影響を受けにくくなりますので、コーキングのあるお家の方は

塗装の際には必ず既存コーキングの撤去・打替えを行ってもらって下さい。