住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

太田市 外壁材の浮き上がりとお家の土台(基礎)を調査しました

お世話になります。風が強い日が続き天気が不安定な日々です。

そんな中先日太田市で建物診断・見積もりを行わせていただきました。

ミヤケン営業部の主業務となりますので気合が入ります。

流れとするとこの様な流れで建物診断・見積もりを行います。

①建物実測(お見積りを作成するにあたり建物の寸法測ります)高さ・長さ・窓の大きさなど細かく寸法を測り
 図示して記録していきます。(作業時間40分から60分)

②写真撮影(各面からの全景撮影・屋根写真・外壁写真・付帯部分写真)傷んでいる部分の中心に写真を撮影していきます。
 平均で50枚から80枚の枚数になります。(作業時間20分から30分くらい)
 細かく見て些細な劣化部を見落とさない為にお家の周りを何周もする場合もあります。

①②のデータを基にお見積り書の作成となります。

そんな中現場調査にてこの様な部分を発見いたしました。外壁のひび割れが極端に多く入っており、外壁材も浮き上がっている様な

状態が確認できました。気になり基礎部分を這いつくばり除き込んだらこの様な状況でした。
IMG_30361
ひび割れの写真です。それ以上に気になったのが外壁材自体の盛り上がりでした。手で押すとフカフカしている様な感じです。
IMG_3091
基礎近くの地面の部分には何か落ちていました。
よく見てみると腐食した木材の破片でした。
IMG_3094
気になった為、基礎部分から外壁裏に手を入れてみたら、土台の木の部分が腐食してしまってます。左の写真はその破片です。写真が見づらくて申し訳ありません。
IMG_3095
こちらも下から撮影した写真です。白蟻や水分の長期に亘り受け続けている事が劣化の状態をみてもわかります。
今回塗装の建物診断でお伺いしましたが、この状態ですと塗装よりも土台の交換工事が優先となります。

住宅を支える土台部分ですので、このままでは心配になりますので2/20に早速大工さんと再調査となりました。

壁を一度剥がし土台を交換(場合によっては柱も)するという大掛かりになってしまいますが、しっかりと今の状況をお伝えして

工事にご理解いただければとおもいます。

一見すると見逃してしまいそうな部分ですが、今回のケースは事前に発見出来て本当に良かったと思いました。

ただ塗装の診断をするか、それともお家全体を長持ちさせる為の調査を行うのか・・・・・・

本来の目的を再認する大きなきっかけとなりました。貴重な経験をいただき日々勉強なんだと実感した一日でした。