住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

館林市マンション改修工事 屋上防水工事③

今回も前回の続きとなります。

前回までで立上り部分の施工の様子をお伝えしましたが、

今回は平場(屋上の平らな部分)の 施工状況になります。

仕上がりまでの様子をお伝えいたします。 平場の防水部分にまず行うのが緩衝シート貼りです。

もちろんこれは防水シートの本体では ありませんので防水効果はありません。

この緩衝マットを敷く理由ですが、下地の凹凸の緩和 湿気をこもらせない為に敷く素材です。

02A62074-8214-4711-8120-262A15DED9E9
続いてディスク盤の取取付けです。

等間隔の決められた位置にディスク盤と呼ばれる金物



(昔のシングルCD位の大きさのもの)を取付けます。

工事する場所の広さによって設置する



間隔なども変わってきます。

このディスク盤を取付ける事で既存防水の部分と密着しない為



ひび割れが起こりにくかったり、

また湿気がこもり膨れなどを防止する効果があります。



この上に防水シートを敷き込みますが、

このディスク盤の部分は専用の機械で熱する事で



ディスク盤とシートが密着する様になっております。

32DBCA5E-9A6E-4B5E-9A23-9434B5C1F48D
次は改修用ドレン部分の施工です。

ドレンとは屋上の雨水を下に流す為の排水口です。

施工前の写真を見ると、ドレン周辺の防水シートもだいぶ傷んでおりました。

この部分から雨漏りにつながるケースも少なくありません。





下の2枚の写真は施工前と施工後の写真です。


32DBCA5E-9A6E-4B5E-9A23-9434B5C1F48D

9CF8F9E6-1536-4599-9B59-FA29A0C21803
ディスク盤を取付けた部分に防水シートを前面に貼り込みます。

下地と密着させない絶縁工法となりますので、歩くと多少フカフカしている様な感じもします。





下地と密着させないと言っても、端の部分は金物で固定し、

防水シート自体の重なりは溶着



してありますので、剥がれたり、

風で飛んだりという事もございません。


1B725F58-F172-428E-8C3C-FC79D908B038

442A4044-4E5E-4813-B7D2-810A20D4278C


最後に笠木を復旧する為にの金物を元に戻して、後は笠木を元に戻すのみです。

5C8CC66F-935B-451C-89E7-6DEBF9C57689
今回立上りは密着工法にて施工、平場は絶縁工法にて施工しました。

改修工事では一般的に用いられる絶縁工法ですが、特徴として



①既存シートを剥がさないので工期の短縮が可能

②新規防水層が下地と密着させないので防水層が長持ちする(膨れ、ひび割れが起きにくい)



③既存シートを剥がさないので産廃の費用が抑えられる

④既存シートを剥がさないので雨養生の心配がない

⑤有機溶剤の使用が少ないので人体や環境に優しい



などが考えられます。

防水のお話しはこんかいで一区切りですが、現場は着々と



進んでおります。

次回は全体的な様子をご紹介出来ればと思います。