住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

館林市マンション改修工事 屋上防水②

前回ご紹介した続きのお話しになります。

屋上の防水工事に伴う笠木の撤去までお伝えいたしました。

屋上の笠木撤去後に立上り部分は密着工法という方法にて施工いたしますので、
立上り部分の既存シートは一度剥がすと、、

こんな感じでキレイに剥がれました。

00382694-C828-484F-BF6E-F7965095780F

1B184F76-A15D-4429-BD4C-24B3F449E7CB

1B184F76-A15D-4429-BD4C-24B3F449E7CB
剥がした部分に接着剤を塗り立上げる部分のシートを貼っていきます。





水分や湿気などがあると接着剤が塗れないので注意が必要な部分です。

ここで、シートをはがした時に下地の状態も確認します。

よく一般家庭で、シート防水のお家も良く見かけますが、

シロアリの被害にあって、木部がぐずぐずになっている場合も稀に見かけます。

この場合は、軒天に雨漏りのような跡があったり、軒天が落ちていることもありますので、

この場合は一度改修工事が必要になります。

DB140C3E-9E00-49DD-8C11-BC02382F8E3F
この後に防水シートを立上りの寸法にカットして貼るのですが、
このシートのカットが



非常に大変そうでした。

というのも立上り部分は床に傾斜(雨水を流す為)が付いている為



斜めにカットする必要があります。

寸法を正確にとり、それをカットして、貼る。



長すぎてもダメ、短すぎてもダメと見ていて大変そうな作業ですが、

しっかりと作業を行います。

EF710F8D-0874-497F-88D2-02EF22AD043B
そして接着剤を塗った立上り部分にシートを貼ります。

長さが長いので一人で貼るのは大変です。

幸いにも施行中は風も無く作業性も良かったです。

10314A11-EB6B-41D6-9DF8-E0CD2348B858
立上りに上の部分までしっかりと貼込みました。





この後に元々付いていた笠木を元に戻して立上り部分は完成となります。





次回では平場(屋上の平らな部分の防水工事)の作業の様子をお伝え出来ればと



思います。