住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

館林市にてサイディングの外壁塗装の下地処理のコーキング工事を行っています!

雨がなかなか降らずありがたいな思ったら、梅雨開けてしまいましたね。

びっくりしました。

観測史上初らしいですね。6月の梅雨開けは。

さて先日より着工した館林市のA様邸。

外壁塗装前の下地処理(コーキング)を先日行いました。

簡単にコーキング下地処理について流れをご紹介いたします。

まずは既存コーキングの撤去。カッターで切り込みを入れる事により簡単に剥がせます。

5E171480-902D-48ED-9E7A-B0CF4028E79A
続いて撤去したコーキングの溝の部分にプライマー(接着剤)を塗ります。

これをしないと密着性が得られない為です。

ムラサキのモノはマスキングテープと呼ばれる



目地周辺を汚さない様にするための養生テープです。
CB79CA54-FD8F-4EA6-AAC3-9783827C96F6
そしてコーキング材の充填(じゅうてん)。

撤去した溝の部分にコーキング材料を詰め混んで行きます。

適正な量を充填し、



コーキング工事も大詰めです。
135008EF-4E8B-4396-B11E-610B75DCCBD7
充填した目地の部分を最後にヘラで平らにします。

この時が一番難しく



仕上がりの美しさを左右する重要な部分です。

適正な力加減とヘラスピードで均して



行きます。

職人技が光ります。

空気が入らない様にヘラ押えをする事も重要です。
A2184F9D-9D13-4E41-9984-BD78E8DE5C2C
コーキング下地処理の完成です。

この後、2日〜3日乾燥させてから塗装工程に移ります。

塗装工程と言ってもすぐすぐ塗れる訳ではありません。

塗装前にも準備が必要になります。次回の時にまた工事の様子をご紹介出来ればと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます!