住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

塗装工事と一緒に気になる雨樋の持ち手金具のサビについて


塗装をご検討している方のお家は新築時より年月が経過しており

屋根や外壁以外も劣化しています。

お家の広い部分やよく目にする位置であれば日常的にも確認出来ますが・・・

細かい部分の劣化はなかなか目に付きにくく、その部分がお家の裏や、高い位置だとなおさらだと思います。

今日はそう言った部分の一例としてお話しいたします。

前回のブログの続きの様な感じになってしまいますが、

今回は雨樋を支えている樋持ち金具の錆(サビ)です。



84B3CA57-C163-429C-8498-41C756DDA005

↑ ↑ ↑



こちらの写真は接合部が腐食して外れてしまっており、かろうじて樋がもたれかかっている状態でした。





錆(サビ)が進むことで壁から金具が外れてしまっており、風でブラブラしているお家も良く見かけます。



FC946F2F-798D-4119-9638-207D51AF052F



A1D0EADE-0A39-4F77-901B-DB357EC5740A

縦に付いている樋を伝い、雨水が下に流れ、流れる途中、途中で樋持ちがあります。

多少の雨であっても、年数が長くなればなる程傷みも進行していき、気付いたら錆(サビ)だらけという状態。

錆(サビ)が進行しており、場所によってはボロボロと脆くなってる部分や外れてしまっている部分も あります。

この状態では塗装をしてもすぐに錆び(サビ)てしまいますので、

新しい物に交換をしましょう!


こんな症状が出た方は「樋の金具がグラグラしている!」

「その金具交換したい!いくらくらい?」などなど

お気軽にお問い合わせください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓