住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

屋根や外壁以外の劣化でお悩みの方多いです。

お世話になります。

今年からいきなり花粉症(?)になり大変です。花粉症の方々の大変さが身に沁みます。

ただ不思議なことに全く平気な日もあります。おかしなもんですね!

お家調査にあたり屋根や外壁のご相談をいただく事が多い毎日ですが、屋根、外壁以外の部分の劣化で

お悩みの方も多いのも事実です。一例を部位別にご紹介いたします。

まずは木部の破風板と呼ばれる部分↓↓

『塗っても、塗っても直ぐに剥がれちゃうんだよねー』とのお声をいただく事が多い部分です。

この破風板、木の素のものは特に剥がれやすいです。そして塗れば塗る程剥がれやすくなるという

厄介な部分です。推奨工事は既存破風板の上から板金を巻く工事がお薦めです。
PNHI4449

XKLZ8469

続いて霧除け(庇屋根)部分↓↓

水分が一定期間停滞しやすく、特に金属の場合サビの発生につながります。

推奨工事とすると定期的に塗装をする(足場代が都度かかりますが)又は板金工事(ガルバリウム)を行い

長期に亘り保護する方法です。ここまで錆びてしまうと塗装でもあまり長持ちしないかもしません・・・・
KGUZ5057

続いて雨樋を支える為の金具(通称 樋持ち金具)↓↓

この部分も古い物だと金属性のものが多くサビの発生につながります。

最近だと樹脂製の物やステンレス製の物もあります。

写真の様な状態ですと、やはり新しい物への交換をお薦めいたします。

塗装したところで錆が内側に回り込み、錆汁として流れ周囲を汚してしまうからです。


IMG_4711
塗装でいけるのか、交換が必要なのか・・・・

重要なポイントですね!!しっかり見極め一番長持ちする工法をお薦め致します。