住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

太田市にて数寄屋門の瓦修繕工事の調査に行ってきました!!

本日は群馬県太田市にて以前塗装工事をしていただいた顧客様より数寄屋門の瓦の修繕のご依頼があり伺いました。

豪華な数寄屋門でした。数寄屋造りとは日本の建築様式の一つであり、現在では高価で高度な技術を要する高級建築の代名詞です。

元々は茶室などで用いられておりましたが、現在も茶室や料亭などで用いられる工法です。

主な代表建築としては京都の桂離宮などが有名です。


拝見させていただき台風や風・地震の影響を受けて崩れてしまっている様な状況でした。

非常に凝った造りで今ではあまり見かけなくなってしまった門です。部材一つ一つが木で造られており素敵です。


IMG_4644
門全景です。ご自宅も和風造りなので門構えもばっちりです。
早速該当部分を確認。


IMG_1419
屋根材は銅板葺きです。棟の部分だけ瓦が葺いてありますが、棟の通り(直線)が曲がってしまっております。


IMG_14224
鬼瓦部分も写真では分かりにくいですが傾いておりました。


IMG_1424
のし瓦の部分(丸い瓦でなく、平らな部分の瓦の事)も左右にずれてしまい今にも引き抜けそうです。瓦を固定するための銅線も部分的に剥がれてしまっております。




この状態ですと、一度瓦をばらしもう一度積み直す『組換え』という作業が必要になります。

伝統的な門をさらに後世に伝えていく為にも、しっかりと施工させていただきます。



カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top