住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

【知っ得情報】雪害による雨樋破損部分の交換には住宅の火災保険が適用されます!

こんにちは!営業部の木暮です。

おとといと今日の雪は交通渋滞や転倒事故などがいたるところで発生し、
大変でしたね。みなさま大丈夫でしたでしょうか?
私は今朝、通常の通勤時間30分のところを2時間30分もかかりました。

これだけの雪はおととしのあの大雪依頼ですね。

今回は、そのおととしの大雪で雨樋が一部傾いてしまいずっとご不便を
されていたT様の例をご紹介します。
下の写真は現場調査の時のものです。

sIMG_3978
1階下屋根の軒樋(横の樋)が、雪の重みで曲がってしまっていました。


sIMG_3982
横から見るとよくわかります。


こちらのT様、ミヤケンにお問合せいただいたのが去年の10月で、
工事をしたのが11月ですので大雪から約20か月経っていました。
次の写真は工事後のものです。


IMG_4472
今取り付けてある樋を撤去して新しい物に交換しました。
IMG_4474
横の樋だけでなく、縦の樋も交換しました。
そしてこの工事は、「火災保険」 を使って行いましたので、T様のご負担はありませんでした。
そうなんです。雪で壊れてしまった雨樋には、火災保険が使えるんです。
ご存じでしたか?
その他の部分にももちろん使えますので、今回の雪でちょっと気になることがございましたら
ぜひ、ミヤケンにお問合せ下さい。

よろしくお願いします。