住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市にて和風お家の棟瓦の釘浮・再固定工事を行いました

 
本日は、群馬県前橋市文京町にて定期点検を行った際に見つかった
和風のお家の棟瓦の釘浮の再固定を行いました。


IMG_12481
瓦そのものは割れもなく問題ありませんでいたが

棟瓦の釘の浮きが全体的にあったため処理を行いました。


IMG_1258

放置すると強風や台風で瓦の落下や破損の原因になるので処置が必要です。


IMG_12371
 
よせ棟のお家にある谷板金も錆が出ていますので、こちらも錆止め処理を行い塗装で保護をします。


IMG_1238
 
この谷板金が鉄の場合と銅板のお家がありますが、銅の場合は酸性雨で穴があき、雨漏りの原因になるので

傷んでる場合は、ガルバ二ムに交換します。

錆が多い場合も同様に交換をお勧めします。


IMG_1239

表面の研磨をしっかりと行った後、錆止め塗料を塗ります。

 
IMG_1240

全体に塗り終わりました。

仕上がりは黒色になります。


IMG_1241
 
部分的に漆喰が使われていますが、古くなっているので撤去します。


IMG_1242

放置すると漆喰も傷んでしまいます。ですが、見つけずらい箇所です。


IMG_12551

谷板金の上塗りです。耐久性のあるフッソの塗料を使いました。


IMG_1256
 
漆喰部分はコーキングで施工しました。

厚く施工しないと、劣化が早いです。


IMG_1245

釘の頭を再度打ち直し、抜け止めと水の浸入を防ぐためコーキングを打ちます。


IMG_12461

塗装の必要がない場合は、シリコンのコーキングを使用します。

ここも耐久性を考え厚く打ちます。

IMG_1247
  
こんな感じです。


IMG_1254

端は特に気を付けて作業します。


IMG_1266

下屋根もしっかりと施工します。


IMG_1252

完了しました。
 
普段見えないところなので、これで安心です。

次回の点検時にまた確認します。