住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

モルタル外壁のお家 ベランダからリビングへの雨漏り調査に伺いました

こんにちは。 ミヤケンの原田です。 先日お伺いした現場調査についてご紹介します。
今回のお客様は、塗装の工事ではなく雨漏りにお困りということで お問い合わせいただきました。
 雨漏り箇所はリビングからということで、リビングの上はバルコニーになっているということで、 何年も雨漏りが続いているということでした。
 ということで、現場調査に伺いました。 雨漏りというのは、原因の特定は難しいですが、 お家のお困りの中で雨漏りというのは、 一番お客様を不安にさせるものなので、 早く解決してあげたいです。
IMG_1678
リビングの掃き出し窓の上側が雨漏りしております。お伺いした際に、壁は撤去してあり中が見える状態でしたので、状況を分かりやすく把握できました。
IMG_1664
近くで見ていくと雨漏りによるシミが大きく出ております。
一度、この部分は修繕しているということでしたが、その後まだ雨水が
侵入し続けてしまっている状態です。
このままでは、柱の腐食にもつながりますので、
早急な手当てが必要です。

では、どこから漏れている可能性があるか上にあがり確認してみました。
IMG_16431
ベランダの外壁と屋根の取り合い。こちらは、以前の修繕で2重に水切り板金が施工されておりました。
IMG_16571
ベランダ笠木。笠木の端部の歪みや、後付けのテラスの屋根の柱が取り付けてあります。
私が、今回調査にお伺いさせていただき、気になった部分はこの2か所です。
雨漏りの原因となりやすいのは端部と呼ばれる、防水シートの終わりの部分や、
防水シートが入っていない可能性がある場所が多く見られます。

特に笠木の部分に関しては、雨漏りの原因となるケースは多く見られます。
その為、今回はこの2か所が可能性として考えられました。

ただ、雨漏りというものは思わぬところから侵入する可能性や何か所かある事も考えられますので、
侵入箇所を見つけるのは非常に難しくなります。
雨漏りは、可能性の高い場所からつぶしていく事で、雨漏りを止めていく事になります。

今回は、引き続き可能性のある場所を見つけ、
お客様が早く安心して暮らせるよう
修繕方法を考えていけたらと思います。

本日は、雨漏りでお困りの物件の紹介でした。
ありがとうございました。