住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

前橋市でサイディング外壁とコーキング劣化の塗装お見積り調査へ

こんにちは。
最近は、だんだん過ごしやすい気温になってきましたね!外で現場調査がしやすくなってきました!
3月に入り、この季節って卒業式・入学式シーズンになりなんだかそわそわした気持ちになりますね!


さて、今回は前橋市西片貝町で現場調査を行いました。
外壁・屋根の塗装をご検討ということで、会社から車で3分のお宅にお伺いしました。
近いって素晴らしいです!笑

今回のお家は外壁にサイディングボード、屋根にスレート瓦が使われているお家です。
もちろんサイディングボードのお家でまずチェックする部分はコーキングですね!!
お施主様もお気にされていたようで、ごあいさつは早々に2人でコーキングを確認しました。
IMG_8874
コーキングが大きく破断しています。下地のバックアップ剤まで見えている状態ですので、これでは雨水が外壁内部に侵入してしまいますね。

IMG_8891
全体的にコーキングの中心が切れておりました。
劣化の仕方としては、正常な劣化の仕方です。端が外壁材から離れていたりすると、プライマー不足などの施工不良が考えられますが、中心の亀裂は材料の寿命がきたことが考えられます。

IMG_8903
実際に亀裂が起きているコーキング材を調査してみたら、写真のような状態でした。コーキング材が非常に薄いことがわかりますでしょうか。コーキング材は幅と厚みが1:1でないと正常な耐久年数は保たれません。このお家のコーキング材の劣化の原因はこの薄さにありました。
コーキングの施工方法として打ち替え工法と増し打ち工法がありますが、既存の上にコーキングを充填する増し打ち工法では、新規コーキング材の厚みは上の写真のような状態になってしまします。その為、サイディングボードのコーキング処置は必ず、打ち替え工法でなくてはいけないのです。既存がどんな状態であっても外壁目地・窓周りのコーキングは必ず打ち替え工法と記載されている御見積書で工事を行うようにしてください。
20170310_170312_0005
打ち替え工法の撤去の写真になります。
20170310_170312_0003
撤去した部分にたっぷりとコーキング材を充填していきます。
この工程によりしっかりと厚みのあるコーキング施工ができるのです。サイディングボードのお家はコーキングが本当に重要なポイントになりますので、必ず押さえてください!宜しくお願いします!