住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

雨垂れではない?ベランダ壁汚れの意外な原因を調査修繕しました

こんにちは原田です。
今回は、以前に施工させていただいた、物件で少し特殊なものがありましたのでご紹介させていただきます。
まずは写真をご覧ください。
IMG_7914
ベランダの外側の外壁に黒い線が入っております。
これは一体何なのだろう。
調査にあがらせていただき、この現状を見たとき、正直原因は何だろうと思いました。
雨垂れかな。。。それにしては均等に出すぎているし、下まで一定の濃さで出ている。
雨垂れの場合なら、笠木に近い部分が濃くなり、だんだん薄くなるはずである。
雨水が内部に侵入し、内側から滲んできているなんてことも考えられない。
 ただ、このまま表面上塗装をして綺麗にするだけではまた出てきてしまうかもしれない。
根本的に解決をしなければ意味はない。
その結果たどり着いたのが、内部に使われているコーキング材。
 ベランダ部に関しては、さんとう板を使用し、繋ぎ目をコーキング処理をしております。
そこで使われているコーキング材から油分が出てしまっている。 これは、一度撤去をしなければなりませんので、そのような工事を取らせていただきました。
20160802_6982
一度外壁材をカットし、油分の出ないコーキング材を充填します。


20160802_7720
その後モルタルで表面をならします。


20160802_2170
最後に模様づけをし、周りの外壁材になじませます。


これで、下地の状態が整い、今後このようなシミができる事はないでしょう。
塗装というのは、ただ塗るだけではありません。特に塗り替えに関しては、
お家の状態をしっかり把握し、どうしなければならないかを考えていかなければなりません。
今回は、お客様が非常に喜んでくださったので良かったです。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top